北海道地震 最も役立ったのはラジオ

先月の北海道地震で、被災地の住民が情報を得るのに最も役に立ったのは「ラジオ」。
専門家の調査結果をニュースでやっていました。
それによれば、

地震発生の当日に困ったことのトップは、
 「テレビなどが停電で使えず状況がわからなかった」
で、79%の人が挙げていました。
やっぱり停電の影響が大きいですね。

情報を知るために役立ったものは、
 「自宅のラジオ」(55%)
 「携帯電話やスマートフォン」(50%)

でしたが、一方で、携帯やスマホは「充電ができなかった」と答えた人が57%いました。
情報を得るため頼りにしたくても、に十分使えるとは限らないのがちょっと問題ですね。

ラジオは乾電池さえあれば数日間は使えますし、非常用手回し充電のものもあります。
我が家で持っているのはこれ。乾電池式ですが、ライトも点きます。

防災ラジオ

携帯の充電の備えができていればいいですが、ラジオもやはり必需品ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする